腰痛改善の要は眠りにあり!~高機能マットレスで眠りを見直そう

もはや「現代病」とも言われている腰痛。

腰は身体の中心にあり上半身を支えてくれていることからも、「身体の土台」としてとても大切な器官です。

その大切なパーツである腰は、一度傷めてしまうとなかなかすっきりと改善することが難しい部分でもあります。

今回は「眠り」と「マットレス」という視点から、腰痛改善の方法をご紹介していきます。

人生の三分の一。「眠り」を見直そう

人は人生の約三分の一もの時間をベッドの上で費やすといわれています。

そのくらい「睡眠」というものは、私たちの人生において必要不可欠なものです。

けれど、大半の人は睡眠についてあまり深く考えていなかったり、軽んじていたりしているようです。

人生の三分の一の時間を軽んじてしまうのは大変もったいないことです。

特に腰痛に悩んでいる方においては、もう一度睡眠というものを見直すべきです。

というのも、腰痛は寝ている間に起こることがあるからなのです。

睡眠環境と腰痛の関係性

あなたはどのようなマットレスを使っていますか?

ふわふわのマットレス、やわらかいマットレス、薄いマットレスに、もう何十年も買い替えていないマットレスなど、人によってさまざまだと思います。

そしてその大半の人が、マットレスを買う際に特にその特徴や機能などを調べることもなく価格や買いやすさだけで安易に選んでいるのではないでしょうか?

しかし、実は睡眠においてマットレスはとても大切なものです。

マットレスが睡眠の質を左右しているといっても過言ではありません。

人間には理想的な寝姿勢というものがあります。

それは、起きて自然に立っているときの姿勢です。

けれども、その理想的な寝姿勢を叶えてくれるマットレスはそうそうありません。

特に、柔らかすぎるマットレスや、薄いマットレスでは、寝た時にどうしてもお尻から腰にかけての部分が沈みこんでしまい、寝姿勢が悪くなるため腰痛を引き起こしてしまうことがしばしばあるのです。

腰痛を改善するには、西川の「エアー」シリーズがおすすめ

みなさんは西川という企業をご存知でしょうか?

西川は長年にわたり、寝具を作っている老舗メーカーです。

このメーカーは寝具専門のメーカーというだけあって、さまざまな製品を制作販売しています。

中でも西川のマットレスは、人間工学にもとづいて専門家の監修のもと作られているものもあり、とてもおすすめです。

特に腰痛持ちの方におすすめしたいのが、西川の誇る「エアー」シリーズです。

西川の「エアー」とは?

西川の「エアー」とは、理想的な寝姿勢を再現できる高機能なマットレスです。

特殊なウレタン構造により、寝た時の体圧を一点に集中させず、分散させることができるように設計されているのが特徴です。

前述したとおり、一般的なマットレスでは体圧がお尻から腰にかけて集中してしまうため、理想的な寝姿勢を叶えることが難しくなっています。

そして、その腰部分の沈みこみが腰痛を引き起こす原因になることもあるのです。

しかし、西川の「エアー」ではそういった沈みこみが起こりにくいという特徴があります。

そのため、腰痛に悩んでいる方には自信を持っておすすめできるマットレスなのです。

世界的なトップアスリートからの定評もあるマットレスですので、安心して使用できます。

実際に「エアーSX」を使った感想

実は私も長年腰痛に悩まされているうちのひとりでもあります。

さまざまな病院へ通いましたが、いっこうに改善されずワラにもすがる思いで購入したのがこの西川の「エアー」マットレスでした。

私が購入したのは、「エアーSX」という製品です。

これは、4層構造になっているマットレスで、硬さはレギュラータイプとハードタイプのふたつから選ぶことができました。

私は、細身だということもあり比較的価格の安いレギュラータイプを購入しました。

使い始めはやや違和感がありました。

というのも、「エアーSX」が想像以上に硬かったからです。

レギュラータイプでさえ、「硬い」という印象がありました。

私はそれまで長年にわたりやわらかいマットレスで寝ていたので、どうしても最初は変な感じがしました。

それでも3日ほどでその硬さが心地よくなってきました。

「エアー」シリーズには身体を「点で支える」という特徴があります。

その特徴にある通り、身体が細かく支えられている感覚がとても心地よいと感じました。

腰痛に関してはやや半信半疑でしたが、2ヶ月ほど使用していたある日、気がつくと普段よりも腰が軽くなっているように感じました。

いつもは万年腰のあたりにズーンと重たい感覚があったのですが、「エアーSX」を使い始めてからはその感覚が徐々に改善されていきました。

もちろん個人差はあると思いますが、多くのアスリートたちが推薦しているように大多数の方にとってとても身体によいマットレスなようです。

私にとっては安い買い物ではありませんでしたが、腰痛が改善したことを考えると買って良かったと考えています。

睡眠環境の重要性

私も多くの方と同じように睡眠環境については、特に重要視していませんでした。

しかし、腰痛持ちの私にとってはマットレスをはじめとした睡眠環境の改善はとても効果的なものでした。

ここでは、マットレスを見直した私が腰痛改善を含めた健康管理のために改善してみた睡眠環境をご紹介します。

ベッドリネンは天然麻がおすすめ

直接肌に触れることになるシーツや布団カバーなどのベッドリネンもとても大切です。

私がおすすめしたいのは、天然麻を使用したベッドリネンです。

天然麻はどうしても夏の寝具というイメージがありますが、実際のところ冬はもちろんオールシーズン活躍してくれるとても優秀な素材です。

人間は寝ているときに、毎晩コップ1杯程度の汗をかくといわれています。

その汗を効果的に吸ってくれるのが天然麻です。

また、天然麻は洗濯に強く、さらにすぐに乾いてくれるので気兼ねなく洗濯できるのも嬉しいポイントです。

腰痛改善のために西川の「エアー」シリーズを買ったあとには、ぜひ天然麻のベッドリネンとコーディネートをおすすめします。

合わせる枕は低めのものを

枕の高さもとても重要になってきます。

基本的に日本人が使っている枕は、高すぎるものが多いと言われています。

枕は自分が「ちょっと低すぎるかな?」と心配になるくらい高さの低いものを選ぶと間違いないでしょう。

マットレスを買う際に、西川の店員さんなどに枕のおすすめも聞いてみると良いかもしれません。

私は、マットレスを購入するときに一緒に西川の枕も買ったのですが、低い枕にしてからというもの首の凝りやその凝りからくる頭痛などもかなり軽減されたように感じます。

また、枕に関しては、自分の体型や体格、寝姿勢などにぴったりとマッチするものを測定して、オーダーメイドしてくれるようなお店もありますので、ぜひそちらも活用されてみてください。

そして、しつこいようですが、もちろん枕カバーには天然の麻素材のものをセレクトすることをおすすめします。

まとめ

「眠り」と「マットレス」という観点から、腰痛の改善方法についてご紹介しました。

私の体験を交えましたが、もちろん効果や感じ方には個人差があると思われます。

お店によってはマットレスを納得できるまで試させてくれるところや、寝姿勢や体圧を測定してくれる専門店などもありますのでそういったお店を活用して、ぜひ自分に合ったマットレスを選んでみてください。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.airsleep.jp/