マットレスの硬さを和らげる方法は?おすすめ対策4選

Sweetnight マットレス シングル 高反発 低反発 二層構造 敷布団 寝返りサポート 寝具 耐圧分散 通気性 感温性 快適 腰痛改善 底付なし 折り畳み 抗菌 防臭 防ダニ 健康マットレス カバー洗える 収納袋付き 1年メーカ保証 100x200x5cm

マットレスは、ぐっすり眠るための重要な寝具ですが、硬すぎるものは避けるべきです。

あまり硬いと、板の上に寝ているような状態になり、マットレスと体の間に隙間ができます。

そうなると、体に負担がかかり、痛みを感じるようになってしまうのです。

楽な姿勢で快適に眠るためには、硬さを和らげるための対策を行いましょう。

タオルを敷く

硬さによる体への負担を軽減するには、柔らかさをプラスする方法がおすすめです。

そのためには、タオルを使ってみましょう。

タオルをマットレスの上に敷くことで、硬さが体に伝わりにくくなります。

つまり、クッションとなるものを挟み、寝心地を改善するというわけです。

家にあるタオルを利用すれば簡単にできる方法なので、ぜひ試してみてください。

何枚か重ねる

タオルをクッションにするなら、1枚だけ敷くよりは、何枚か重ねて敷いたほうが効果的です。

少し厚みのあるタオルでも、1枚だけだと、それほど高いクッション性は期待できません。

タオルを複数重ねて層をつくれば、下にあるマットレスの硬さをうまく防ぐすることができます。

薄いタオルでも重ねれば少しは厚くなるので、工夫して敷くようにしましょう。

安く済ませる

タオルを使う方法は、出費を抑えたいときにも最適です。

家にあるタオルで利用できそうなものがあれば、わざわざ新しく購入する必要がないため、お金は一切かかりません。

もし買うとしても、タオルはそれほど高価なアイテムではないので、出費のダメージは最小限にとどめることができます。

なるべく安く対策をしたいなら、まずは家のタオルをチェックしてみましょう。

腰だけに敷かない

タオルの対策をするときは、上から下まで同じように敷くことが大切です。

腰のあたりを盛り上げるような敷き方にしていると、体が不自然に反った状態になります。

そんな状態で一晩過ごしたりすると、いくらタオルを敷いていても、体への負担を防ぐことはできません。

失敗しないためには、一部だけ極端に盛り上げる敷き方を避け、きちんと平らにしておいてください。

姿勢が大きく崩れなければ、体に負担はかからないため、腰痛を防ぐことができます。

ベッドパッドを重ねる

タオルであまり効果がないようなときは、さらに厚みのあるベッドパッドを使ってみましょう。

ベッドパッドは、寝心地改善のために重宝される便利なアイテムです。

タオルでうまくいかないときでも、ベッドパッドならかなり高い効果を得られる場合があります。

厚さをチェック

ひとくちにベッドパッドといっても、さまざまなタイプの製品があり、それぞれ特徴は異なるものです。

その中から本当に効果の高いものを選ぶなら、厚さの確認を忘れないようにしてください。

寝心地改善のためのアイテムではありますが、中にはそれほど厚くないタイプもあります。

そのため、よく見ないで適当に購入すると、失敗することも多いのです。

厚さが3cm以上あるものに注目して、確実な対策ができるものを選択しましょう。

中綿の素材

ベッドパッドの中綿には、さまざまな素材が使われています。

その中から自分に合ったものを選ぶことが、ベッドパッドを上手に使うためのコツです。

素材によってメリットとデメリットが異なるので、どれが最も使いやすいか、よく考えて選ぶようにしてください。

例えば、ポリエステルはとても安い素材であり、洗ったあとにすぐ乾いてくれますが、吸湿性は低く、寝汗が多いと困ることがあります。

吸湿性が高い素材なら、綿や麻、ウールがおすすめです。

しかし、麻とウールは少し値段が高く、綿は乾きにくさが気になることもあります。

どのポイントを優先するか明確にしておき、メリットの大きい素材を選んでおきましょう。

中綿の量

中綿の量は、寝心地改善に大きく影響する要素なので、見落とさないようにしてください。

あまり量が少ないと、よい効果を得ることができません。

確実にクッション性を高めるためには、中綿が1kg以上あるものを選んでおきましょう。

それくらいの量があれば、硬さをしっかりと防いでくれます。

ネット通販で記載が確認できないときは、重量の6~7割を中綿の重さとして考えるようにしましょう。

幅のあるゴム

ベッドパッドは、四隅のゴムをマットレスに引っ掛けて使います。

そのゴムが細いものは安定感が低く、ずれやすく感じることがあるので、選ぶときは注意してください。

きちんと固定しておくためには、なるべくゴムの幅が広いものを探しましょう。

重ねるための薄いマットレスを使う

寝心地改善のためには、マットレスを重ねて使う方法もあります。

といっても、普通のマットレスを二段重ねにするのはNGな方法なので、適当に選んだものを使ってはいけません。

重ねて使うなら、そのための薄い製品を用意してください。

マットレスを重ねて使うのは基本的にNGな行為ですが、重ねることを想定した薄い製品と組み合わせるなら、特に問題はありません。

オーバーレイマットレス

スプリングマットレスの寝心地を改善したいときは、オーバーレイマットレスと呼ばれるウレタン製のものが適しています。

2~5cmくらいの厚さがある製品を選んでおくと、硬さのデメリットがなくなり、ぐっすり眠ることができます。

マットレスが体にフィットすれば、不自然な姿勢になることも防いでくれるので、ぜひ試してみてください。

低反発マットレス

重ねるための薄いマットレスを選ぶときは、低反発であることも重要なポイントになります。

高反発タイプのように体を跳ね返す力が強いと、硬さを感じやすくなってしまうため、寝心地改善の効果はあまり期待できません。

低反発タイプなら確実に柔らかさをプラスすることができるので、重ねるものを選ぶなら、忘れずにチェックしておいてください。

買い替える

硬すぎてクッションを挟むだけでは解決しないようなら、あとは買い替えるしかありません。

ただし、選び方には注意してください。

せっかく買い替えても、新しいものがまた硬いタイプだったりすると、意味がなくなってしまいます。

適度に柔らかく、体に負担がかからないものを慎重に選び、快適に眠れるようにしましょう。

薄いものは避ける

新しいマットレスを選ぶなら、底つき感のないものを探すことが大切です。

薄すぎると、どうしても底につきやすくなってしまうため、硬さを感じることが多くなります。

柔らかさばかりに注目するのではなく、薄さや厚さもしっかりチェックしてください。

8~10cmくらいある厚めの製品を選んでおけば、確実に硬さを防ぐことができます。

自分の体重に合わせる

硬すぎないマットレスを選ぶときは、自分の体重も考慮しておかないと、失敗することがあります。

例えば、体重の軽い人が反発力の強いタイプを選ぶと、体がほとんど沈まないため、硬すぎるマットレスと変わらない寝心地になってしまいます。

逆に、重い人が反発力の低いものを選ぶと、沈みすぎて底につきやすくなります。

体重との相性をよく考えて、硬さを感じにくい製品を見つけるようにしてください。

まとめ

マットレスが硬いと、よく眠ることができず、睡眠不足になってしまうこともあります。

そうなれば、日中の生活にも問題が出てきます。

寝不足のまま仕事や勉強をしていると、普段なら考えられないような大失敗をすることがあるのです。

車の運転をするときなどは、命の危険に晒されることもあります。

そのような事態を避けるためにも、寝心地をしっかり改善して、熟睡できるようにしておきましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://mattresswakore

マットレスの硬さを和らげる方法は?おすすめ対策4選、.net/matt/katai.html

https://single-bed.co

マットレスの硬さを和らげる方法は?おすすめ対策4選、m/matress/katasugiru

htt

マットレスの硬さを和らげる方法は?おすすめ対策4選、ps://sheets.jp/18790

https://kaimin-times.com

マットレスの硬さを和らげる方法は?おすすめ対策4選、/mattress-hard-11995

https://kaiminyaono.

マットレスの硬さを和らげる方法は?おすすめ対策4選、com/硬すぎたマットを柔らかくしたい/

https://kaimin-times.com/how-to-c

マットレスの硬さを和らげる方法は?おすすめ対策4選、hoose-a-bed-pad-5677

http

マットレスの硬さを和らげる方法は?おすすめ対策4選、s://my-best.com/3356

https://www.bedspreadhouse.com/ベッドパッド知識/ベッドパッドの選び方/